負担のないレーザー治療|側弯症は自ら改善ができないため治療や手術が必要です

側弯症は自ら改善ができないため治療や手術が必要です

医者

負担のないレーザー治療

看護師

女性の中には、足にできた奇妙なコブなどに悩まされている人も多いでしょう。危険な病の兆候ではと考える人も多いでしょうが、女性の多くにできるこのコブは下肢静脈瘤と呼ばれる症状が当てはまります。下肢静脈瘤は、静脈に流れる血液が逆流することで、血管が膨らみコブ状のものが足に現れる病です。通常静脈には、血液の逆流を防ぐ弁が存在しますが、何らかの原因によってこの弁の機能が損なわれると、静脈の血液が逆流し下肢静脈瘤が発生します。放置しても体に大きな実害を及ぼすことはないものの、足のだるさや痛み、頻発するこむら返りなどに悩まされることとなるので、生活において負担となりえるものです。また、見た目の様子も血管がボコボコと浮き出ている状態となるので、見た目の悪さからコンプレックスとなる女性も多いのです。こうした下肢静脈瘤が現れた場合、大阪のクリニックで治療を行なうことができます。血管に現れる症状であるため、足にメスを入れられ傷跡がついてしまうことを恐れる女性もいますが、大阪のクリニックではメスを使わずに治療を行なうことができるのです。

大阪のクリニックでは、下肢静脈瘤に対してレーザーを照射する治療法を行ないます。血管内にレーザーを照射する小型の機器を挿入し、逆流を起こしている血管を一部焼くことにより、逆流を防ぐことができるのです。メスで切開をせずに、肌の上から一ミリに満たない細さのレーザーファイバーを挿入するので、メスでの治療のように傷跡が残ることがないのです。大阪のクリニックでは、この手術を行なう際にも入念に麻酔処理を行なうので、手術中も痛みを感じずに治療を終えることができます。治療自体も短時間で終わり、体の負担が少ないことから、治療後も日帰りで帰宅できるとして、多くの人に利用される治療法なのです。