若者に多いガン|側弯症は自ら改善ができないため治療や手術が必要です

側弯症は自ら改善ができないため治療や手術が必要です

医者

若者に多いガン

聴診器と薬

危険な病であるガンは、体中のあらゆる箇所に現れるものです。ガンといえば肺や胃腸に現れるものを多くの人は想起するものですが。口腔にできるガンや皮膚にできるガン、脳に発生する脳腫瘍などもこのガンに含まれる症状なのです。通常の細胞組織以外にも、ガンは骨細胞にも発生します。これは骨肉腫と呼ばれる症状であり、発症すると強い痛みとともに、ガン細胞が肺へ転移して死亡率の高い肺ガンに罹る恐れもあるため、迅速な発見と治療が必要となります。この骨肉腫は発症しやすい年代があり、主に10代と20代の若者に多く発症する場合が多くあります。この年代の若者の骨は、成長ホルモンによって急成長することとなるので、成長と同時に骨に罹る負荷も強くなります。体の特定部位への負荷は炎症を引き起こし、ガンを発生させるリスクも高まります。骨細胞も同様であり、成長が活発な若者の年代にこの病が集中するのです。過度なスポーツを行なう子供ですと、より骨への負担も強くなるので、この骨肉腫に罹ってしまうリスクも高いものです。骨肉腫による痛みを単なる筋肉痛と誤診してしまい、病を進行させてしまうこともあるため、若者は特に注意しなければならない病でしょう。通常の筋肉痛との違いは、骨肉腫の進行とともに痛みが激しくなる点です。筋肉痛は放置すれば傷ついた筋肉が修復されることで痛みがなくなりますが、骨肉腫は徐々に痛みが深刻なものとなります。なかなか筋肉痛が治らない場合は、整形外科などの専門の医療機関で診察しましょう。

骨肉腫の治療は、ほかの部位のガン治療と同じく、外科療法での患部の切除と抗ガン剤の投与がメインとなります。症状が深刻なものである場合、転移を防ぐために腫瘍患部を除去します。骨の一部を切除し、器具によって固定することで、失った骨も再生させられますが、ガン細胞の侵食状況によっては、手や足ごと切除することもあるので、手遅れになる前に治療を受ける必要があるのです。比較的にガン組織が小さい場合は、抗ガン剤の使用で治療ができます。服用し続けることで、体にメスを入れずに治療ができるので、治療後は好きなスポーツも十分に行なうことができるでしょう。